FC2ブログ

怖いYouTube

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments(-) | TrackBack(-) | スポンサー広告 [ --/--/-- ]

実在した殺人鬼の映像を集めたムービー 

殺人鬼
[ショッキング注意]
アメリカで実際に起きた凶悪事件の犯人達(殺人鬼)の映像を集めたムービー。映像だけだと彼らが一体どういった事件を起こしたのかわかりにくいと思うので、動画と一緒に動画に登場する殺人鬼の一部を紹介したいと思います



The Killing of America


http://www.youtube.com/watch?v=fWSFGPfTquw



アメリカの殺人鬼達 (画像はWikipediaと海外サイトからお借りしています)


マンソン
チャールズ・マンソン

1960~1970年にかけて
彼の信奉者と共に集団生活を行っていたカルト教団のリーダー

マンソンが犯行に関わった事件の中でもっとも有名な事件は
映画「ローズマリーの赤ちゃん」や「戦場のピアニスト」などで知られている映画監督ロマン・ポランスキーの妻で女優のシャロン・テートを殺害した事件(彼女は殺害された当時妊娠中だった)
この事件はマンソンが直接手を下したのではなく殺害は彼の信者によって行われている

彼はアメリカのヘヴィメタルバンド「マリリン・マンソン」の名前の由来になった事でも有名。



ゲイシー
ジョン・ウェイン・ゲイシー

通称「殺人ピエロ」
パーティーなどでピエロの服装を着る事が多かった為、この名前で語られるようになる

ゲイシーは1972年から1978年にかけて
少年を自宅に招き入れ、性的暴行を加えた後に殺害し、自宅の地下に埋めた。ゲイシーが殺害した人数は本人が自ら自供し、彼によって殺害されたと断定されただけでも33人にのぼる

彼はスティーヴン・キングのホラー小説『IT -イット-』のモデルではないかと噂されている
また、俳優のジョニー・デップがゲイシーが描いたピエロのイラストを気に入り所有している



強姦魔
ローレンス・ビッテイカー&ロイ・ノリス

1978年に5人の少女を車で拉致し、
車内で暴行を加えた上で殺害した二人組の強姦魔。
暴行が加えられ殺害するまでをテープで録音し、
被害者である少女達に自分が強姦され、殺される様子を無理やり実況させた鬼畜な殺人鬼



エド・ケンパー
エド・ケンパー

身長は2メートル以上、体重100キロ以上の大男で、IQが140以上ある天才殺人鬼。
いつもガミガミと怒鳴り声を撒き散らす神経質な母親に育てられた結果、精神に異常をきたし幼少時から猫を殺害するなどの異常行動が目立つようになる

15歳の時に些細な事から、
預けられた祖父母の宅で祖母と祖父をライフルで射殺し、精神病院へ隔離される。出所後しばらくは大人しく暮らしていたが、1972年以降、数名のヒッチハイカーを殺害。その後、長年恨み続けていた母親を殺害し自ら警察に出頭した

浦沢直樹の名作コミック「MONSTER」にエド・ケンパーそっくりのキャラクターが登場している(キャラの生い立ちもケンパーに似ている事から、そのキャラは彼がモデルではないかと思われる)



まだいるんだけど、長くなるので残りは省きます
どういう殺人鬼がいるのか気になる人がいると思うので動画の紹介文をそのまま転載します

Footage of Serial Killers
Ed Kemper, David Berkowitz, Kenneth Bianchi, Lawrence Bittaker,John Wayne Gacy, Charles Manson, Angelo Buono


今回ご紹介した動画はアメリカン・バイオレンス(The Killing of America)というアメリカの犯罪ドキュメンタリー映画の映像を使用しているようです


Comments(-) | TrackBack(0) | 事件/事故/災害 [ 2007/03/31 ]
この記事のトラックバックURL

(TBは承認後に表示されます。言及リンクがないTBは受け付けない設定にしています)


怖いYouTube


3/20に復帰。
不定期更新。コメント不可。

リンク整理中。
ホラー系、ショッキング系サイト大募集中。 自薦他薦は問いません

>>メールフォーム

他サイト新着記事

ブログ内検索
過去ログ
アクセスランキング